人生ついに折り返した! さぁ~~自由に生きるぞ! サチコのブログ 「サチココロ」      

サチココロbog

大好きな蓮の花 まるた屋のこと。萬天堂のこと。日々思うこと。
楽しいこと。嬉しいこと。悲しいこと。悔しいこと。
ときには、『ブラックサチコ』にだってなってやる
ふらぁ~と 流し見てってくれれば幸いです(^^) 
サチコプロフィール 1966年生まれ B型
通称 サッちゃん
好きなコト ネットショッピング
苦手なコト 人の顔を覚えること


2022.9.23

市長
私、納得できないんだけど




まるた屋の前の道路に
もう1年以上も放置された自転車たち

どこかの輩が
どこかから自転車を盗って
乗り捨ててる感じ

堀川遊覧からの景観も良くないし
ちょうど巡回にきてたお巡りさんに言ったら
市役所へ連絡してと言われた

なるほど…と
市役所に電話したら
先に警察へ連絡してと言われた

マジか

仕方ないので
再度警察へ連絡した


そしたらようやく現場を
警察が確認し
再度
市役所に連絡するように促された


するとこう言われた




まずその放置自転車に
放置期限を記す札を貼って
期限を過ぎたら
市役所が処分するそうだけど
(ここまでは理解できる)


まさか まさか

その札を貼るのが
通報者



まるた屋の敷地内でもない
私有地でもない

市道でしょ

なぜ?




なぜ 一般庶民にさせる

景観に悪影響を与えてるのに

盗難チャリの犯罪のにおいも
プンプンしてるのに

なぜ 市も警察も率先して動かないんだろう


市長、ぜんぜん納得できない


そんなこんなで
これからどうしようかと悩んでいる


松江を愛する市民として
納得いかなくても
その作業をするのか

納得いかないから見て見ぬふりするか

もう一回
納得いく説明を市にしてもらうか


50過ぎると意固地になるからなぁ
(=_=)


さぁどうする?サチコ

乞うご期待?



2022.9.22

由志園
やっぱりすごいなぁ

ディズニーランドや
USJはないけど

島根には
由志園があるじゃないかぁ
(*^▽^*)


ライトアップされた松の木たちが
池に映し出されて綺麗でした


まるで夢の世界


本当にそこに蛍が
いるみたい…


周りがめっちゃ暗いので
脇から孫にスマホでライト照らしたら
いい感じで撮れました


あと
写真には映りにくかったけど
ミストが流れてきて
雲海みたいな場所もありました


時期的にそろそろ終わりになるかもしれないけど
連休じゃなくても
ふら~といける場所なので
平日の夕方からでも
十分に楽しめると思います

ぜひおススメします
(*^-^*)


ただ一つだけ困ったことは
プロジェクションマッピングみたいなのに
ガイコツの大きいのが映し出されて
孫がめっちゃ怖がってしまいました

あれ…は
ない方が良かったなぁ
(;^ω^)


今度はガッツ母を連れて行ってあげようと思ってます



2022.8.21

奇跡の犬『コロン』

実家にいる姉の愛犬『コロン』
御年16歳のミニチュアダックスの女の子

なんの兆候もなく
ある日後ろの右脚が動かなくなり
病院に連れて行くと
ヘルニアと診断

実はこれで二回目

以前はまだ若かったので
手術をして
リハビリをして
無事歩けるようになったのですが
今回はなにぶんご高齢

内科治療を施したけど
全く効果はなく
完全に後ろ足は動かなくなり
前脚だけの歩行に…

そして精密検査のため
CTやMRIを撮った結果
脊椎に二か所の損傷があると判明

手術をするには
年齢的にも負担が大きいということで
獣医さんと相談して
手術をあきらめ
これからの余生は半身麻痺でも
しっかりお世話するからねと
姉も覚悟を決め

取り急ぎ
ネットを参考に歩行器を作ってはみたけど
コロンは お気に召さない




通販で立派な歩行器を買ったものの
コロンは
全く見向きもせず
乗せようとすると
抵抗され
ムリに乗せると
石のように固まる

そんな日々でしたが…


数日経った
ある日
コロンが、数秒だけ立っている

またそれから数日後
2、3歩だけど 歩いてる

そして今は
ちょっと小走りができるくらい
普通に歩いてる

今の現実は すごく嬉しいけど
再発とはきっと背中合わせ

獣医さんは
極まれに 神経がつながることがあるけど
これは
この子の生命力でしょうと
称賛してくれました




歩行器たちは無駄になったけど
この奇跡に感謝!

世の中 捨てたもんじゃないです


2022.8.15

モノより思い出


母親の米寿の祝いで動画を作るために
昔のアルバムを物色

母と一緒に写ってる写真を探すと
子供の頃だけで
中学・高校・社会人あたりでは
ほとんどなかった

仕事に忙しい母だったし
特にわざわざ家族で撮る理由もなく
しかも
家族で旅行とかも特にないし
今と違って
カメラが身近ではなかった

そして常に撮る側が父というのもあって
家族全員で写った写真は
一枚もなかった

父が他界した今では
それはもう実現しないので
ちょっと後悔…

ですが時代が変わり
今はもうカメラが身近すぎて
近年の家族の写真はあふれかえってます

すっごくいい写真は
撮りすぎた写真たちの中に埋もれてて
それを拾い上げるのは一苦労…

普段はなかなかできないけど
記念日とかをきっかけにして
何かの形で出力するようにしています

Word で 印刷したり


工作したり



動画を作ったり


特に高齢の親には
高価なプレゼントよりも
手に取れる思い出
そして
子や孫たちが
自分の為に費やしてくれた時間

そういうものが
一番嬉しいみたいです


2022.6.5

繋がり続ける幸せ


2016年
2018年

まるた屋を卒業して行った子達と
今もこうして会える幸せ



とにかく仕事の上では
厳しく育てた時代

『おもいやり』をモットーとし
それにそぐわないミスをすると
黒丸がつけられ
黒丸がたまると
宴会の時に一芸をさせられる

今の時代じゃ
パワハラって言われそう


でもオフの時は
めっちゃ遊んでた

一芸の苦労話は
今では
笑いの尽きない思い出話


腫れ物にさわるような人間関係では
キズナは絶対に生まれない

パワハラを勘違いして守られすぎるのも
どうかと思う

大人になればなるほど
親は叱ってくれなくなる

理不尽でなく自分のために
きちんと叱ってくれる他人と出逢えること

人として成長するために 大事なことだと思う

こんな歳になっても
そういう人にまた出逢いたい



2022.5.6

後で…は、絶対忘れる!を思い知った日


ようやく 申請していたマイナンバーカードを
市役所に受け取りに行った

受付の若いお姉さんに
「本人確認のため
マスクを外してください」

と言われ

何も思わずマスクを取って顔を見せたとき
一瞬
お姉さん側の空気が止まったような気がした

「しばらくお待ちください」

そう言われて待合いに座ったとき
一緒に来ていた娘に
「母さんの顔 ひどいよ」

と言われて思い出した

家を出る前に 4歳の孫にアイシャドウを塗られて
遊んでたんだったーーーーーー

後で洗えばいいわと思っていたら
すっかり忘れて出かけてしまった…。

なぜ早く言わぬ!娘よっ!









2022.4.16

地味に MYヒット商品


油性ペンにノック式があるということを
知らなかった

ボールペンみたいに
カチッと上を押して
ペン先を出すタイプが
ノック式

いちいちキャップを外す必要もなく
キャップがどこかに行ってしまうこともなく
すっごくスムーズに使える

今更ながら新発見でした!



あと
カントリーマームの『白バラコーヒー味』

優しいコーヒー牛乳味で
ハマりそうなくらい美味しかったのだけど
箱入りなので
めっちゃ高い!

確か800円くらいしたと思う…。




とは言え
みしまやとかでは見かけなくて
買ったのはホックでした

どこにでもある商品ではなさそうですね

ちなみにネットでみたら
高速道路限定って書いてあって
2808円って




高すぎ~~~~

これで売れるなら
地元で買って
1808円で転売してやろうかと
ブラックサチコが思っちゃう

ウッシシシシ( ^)o(^ )



2022.3.19

誰も聞いてくれないから
自分で言うけど

「好きな色は何ですか?」
って聞かれたら
「緑色」
って答える



「どうして緑色なんですか?」
って聞かれたら
待ってました!と言わんばかりに
「緑色みたいな人になりたいからです!」
って答える

は?


それはまさに昨日の夜食のラーメンです

なかたかのラーメンが好きすぎる
ワタシの身を案じて 常連さまがくださった
「なかたか」の新製品
「錦味噌とコラボした味噌ラーメン」

気合入れて
豚肉・もやし・煮卵まで投入して作った
(正確にはマスターが作った)
錦味噌ラーメン

贅沢なのに
ちょっと物足りない

それが緑


ここにニラとかネギとか
緑のものがあったら完璧だったのになぁ



もちろん無くても
まろやかな錦味噌の風味と
ちょい足ししたニンニクが重なって
すごく美味しかったんですけどね
(*^▽^*)


料理の盛り付けにも
絶対的に緑のチカラって大きくて
すごく料理を美味しそうに見せてくれる存在


だから
人の輪に入ったときに
緑色のように
その場をいい雰囲気にまとめられるような人になりたい

歳をとるに連れ
そんなおばあちゃんになりたいなぁ~と
思うのです


2022.3.6

どうしても苦手なこと


引き出しの中
押入れの中
クローゼットの中

他人から見えない
そういう中のとこを
整理するのが苦手



その上あったところに戻さない

だからなかなか
物がすぐに見つからないタイプ


片付けの達人や
100均の担い手みたいな人が
仕切りをつかって
こんなに整理できますぅ~~~って
よくテレビで見るけど
スゴイと思うけど
やってみようと思うけど

やると
仕切りの寸法が合わないから
ガチャガチャになる

だから完成度も良くなくて
思ったほど入らない

すぐに荒れる

それなら
メジャーで測ればいいけれど
そもそも
メジャーのありかがわからない

探すより
買ったほうが早いわと思うけど
いつも買うのを忘れる

というか
買う時に
「今これ買って→帰って→測って→
また仕切り買いに来て→はめて→整理する」

する?



しない



だからいつまでたっても
片付かない箱の中


根本的にこの面倒くさがりを治す方法
なんかないかなぁ…



2022.1.6

断捨離の最大の敵は
母である


押入れの奥から
娘が赤ちゃんのときに使った
哺乳瓶とその備品が出てきた

いつか孫にでもと取っておいたのだろうけど
案の定 使われることはなかった

これは「捨てる」コーナーへと
移した瞬間
監視官のように そばで目を光らせてる
ガッツ母から
「ちょっと待ったぁ~~」がかかった


うんざり


これがあるから断捨離がススマナイ


「捨てる」コーナーにモノを入れる度に
いちいちチェックがかかる

「この白い可愛いものはなんかね?」

母は白いものが好きである

これは
粉ミルクを携帯する
ミルクポット

「もう使わんよ!」
ちょっと強めに反撃して
「捨てる」コーナーへ


「そうぉ~~白くてかわいいのに」と
しぶしぶだったので
諭すように母に言った

「いい?モノを残すときは
いつか使うじゃダメ
いま使うかどうかで判断するの」

ふ~ん

結局そんなスッタモンダを繰り返し
断捨離はなかなか進まず
一旦終了

翌日、テレビ台の上に
ミルクポットは花瓶として飾られていた

「あのあとゴミ箱から拾ったよ。てへ」



今の使い道を見い出したようだ

完敗…。


2022.1.2

さぁ2022年!
巻き返しなるか!
はたまた返り討ちに合うか…

天気に左右される「お節料理」も無事に終わりました



今年の絵馬かまぼこの絵が
イマイチだったのが残念



ネコじゃん


年末のラストスパートで
すべてを出し切り
元旦は
寝て時々食べて呑んで寝てを繰り返し
ようやく生き返ってきました


ワタクシ事ながら
この正月休みは姉より実家の大がかりな断捨離を
命じられ
それに明け暮れることになりそうです

姉も寅年
そしてマスターも寅年

今年は年男・年女にこき使われて
波乱に満ちた一年になりそうです